翻訳

青梅 FREE Wi-Fi スポット

このステッカーがあるところで使えます!

SSID:TOKYO_OME_FREE_Wi-Fi SSID:TOKYO_OME_FREE_Wi-Fi_Plus

このステッカーがあるところで使えます!

青梅市の観光案内

穏やかな丘陵のハイキングコースや渓谷沿いの風景が楽しめる遊歩道
さらには、多摩川を挟んで点在する名所旧跡や美術館など青梅は、一年中みどころいっぱい。
さあ、青梅へ出かけてみてください!

おすすめエリア

  • Mt_Mitake

    御岳山

    秩父多摩甲斐国立公園の表玄関にそびえる御岳山は、標高929m、古くから霊山と崇められた信仰の山です。
     頂上付近からは、筑波山、都心の高層ビル群をはじめ、房総半島、横浜ランドマークタワーまでも望むことができます。また、御岳山は野鳥・昆虫・植物の宝庫としても知られ、春は新緑と仏法僧(コノハズク)の鳴声をたずねて、夏は涼をもとめて苔むした岩間を流れる清流の美しいロックガーデンへ、秋は紅葉と鳴虫の女王カンタンの鳴声に耳をかたむけ、冬の冴え渡る透明度のなか遠く夜景を眺めるなど、四季を通じておおいに自然を満喫できるうえ、子どもから高齢者の方々も気軽に散策できる山として広く親しまれています。

  • Mitake

    御岳渓谷

    JR青梅線御嶽駅を下車、巨岩を縫うように白波をたてる多摩川の流れを臨むことができる。
     ここ御岳渓谷は、秩父多摩甲斐国立公園でも特に美しい清流美として、環境庁から日本名水百選に指定されています。両岸には、約4kmもの遊歩道が整備されており、四季ごとにその様相を華やかに変える渓谷にはたくさんの観光客が訪れ、思い思いに散策を楽しみます。そして、この御岳渓谷は、カヌーのメッカとしても広く知られ、ウォータースポーツを楽しむ若者が全国から集まります。
     普通のスポーツでは物足りないという方は、体験してみては。
     スポーツより芸術を好まれる方には、美術館めぐりをお勧めします。日本画壇の巨匠、川合玉堂の作品や書斎が展示されている玉堂美術館をはじめ、御岳渓谷には美術館や記念館が点在しており、遊歩道を散策しながら立ち寄る人も多いようです。

  • Baigo

    吉野梅郷

    東京都心から約90分、「東京の奥座敷」と言われる秩父多摩甲斐国立公園の玄関口に位置する吉野梅郷。
     多摩川の渓流と日の出山山系の自然に囲まれた、東西4kmに渡る地域で、文豪吉川英治の原稿や著作が展示された吉川英治記念館、日本の伝統美の文化といえる貴重な着物を収蔵したきもの博物館など、数々の文化財にも恵まれた自然と文化の薫る地です。
    なかでも、青梅市梅の公園は、この吉野梅郷の中心にあり、最盛期は、約120品種、1700本以上の梅樹があり、吉野梅郷を訪れた人は必ず立ち寄る『吉野梅郷のシンボル』でした。
     ウメ輪紋ウィルス防除対策により、園内全ての梅樹の伐採をしましたが、現在『梅の里再生計画』に基づき、早期復興に向け努力をしております。

  • Osoki

    岩蔵温泉郷、北部(成木、黒沢、小曾木、富岡)

    青梅市の北に位置し、埼玉県飯能市に近い静かな山間にある岩蔵温泉郷は、4軒の旅館がひっそりと佇む趣のある湯の里です。
     この温泉郷には、ヤマトタケルの神話が伝わり、青梅市の史跡に指定され、そのなめらかな湯は、美しい肌をつくるといわれます。都会の喧騒を離れゆったりと、またハイキングや散策の後に、気軽に立ち寄ってもいいでしょう。6月下旬から7月上旬に開催される「ほたるまつり」には、幻想的な情景を求め、毎年多くの人が訪れます。
     周辺施設に、山林の中を疾走するローラー滑り台が人気の花木園や、花と歴史の寺塩船観音寺などがあり、また、ハイキングの起点として、ここ岩蔵温泉郷を訪ねる人も少なくありません。

  • Ome

    昭和レトロ商品博物館

    JR青梅線青梅駅を下車すれば、そこは数々のなつかしい邦画・洋画の映画看板で彩られ、当時の生活雑貨を集めた博物館もある青梅の街。往時の建物ととも、ゆったりと時間が流れるこの街で、ノスタルジックな気分に浸ってみてはいかがでしょうか。11月下旬に催される「青梅宿アートフェスティバル」は、数々の趣向が凝らされ、毎年たくさんの観光客で賑わいます。
     賑わしい街中から少し離れれば、「青梅」の地名由来となった梅の古木がある金剛寺や、多摩川沿いには青梅市郷土博物館もあり、青梅の歴史にふれることができるでしょう。

  • Shiofunekan'nonji

    東部 / 塩船観音寺

    青梅市の市街地から北方には、霞丘陵自然公園がなだらかに広がり、周辺には史跡が多く点在し、なかでも塩船観音寺は1300余年の歴史を今に伝える古刹で、つつじ、あじさい、はぎ、秋桜など四季折々の花が咲く花の寺としても広く知られ、多くの観光客が訪れます。塩船観音寺では、5月3日に柴燈護摩供火渡り荒行修行が行われますが、時を同じくし境内を埋め尽くす約2万本のつつじが満開となった風光は、見事としか言いようがありません。
     6月、吹上しょうぶ公園では216品種約10万本の花しょうぶが咲き乱れ、この時期だけの美しさに、園内を歩く人の波はいつになくゆっくりと流れていきます。 緩やかなハイキングコースは家族向きなので、コースのひとつにこれらの施設めぐりを取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 御岳山

  • 御岳渓谷

  • 吉野梅郷

  • 岩蔵温泉郷

  • 昭和レトロ商品博物館

  • 塩船観音寺